食物繊維が詰まって便通を妨げている場合もある

腸の蠕動運動を刺激して、便通を促すことでお通じを良くしていく食物繊維。

サラダなどで野菜を食べたりフルーツを積極的に摂るだけでなく、粉末状の食物繊維なんてものも販売されていますよね。

しかし、便秘に悩む方の中には、食物繊維が詰まって便通を妨げている場合もあるのです。一体どうしてなのでしょうか?

食物繊維には種類がある

一口に食物繊維と言っても、そこには二つの分類があります。

一つ目は水溶性食物繊維。これはこんにゃくや寒天、昆布やわかめなどの海藻、果物にも豊富に含まれています。字の通り水に溶ける性質を持ち、周りの余分な物質を取り込みながら水分を含んで便を柔らかくしていく作用があります。善玉菌のエサになって腸内環境を整えていく効果もあります。

注意しなければならないのは二つ目の不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維は水には溶けませんが、やはり腸内の水分を吸収して便のかさを増やしてくれる効果があります。腸壁を刺激してくれるので、動きが活発になりお通じが改善していくわけです。さつまいもなどの根菜やかぼちゃ、きのこなどさまざまな食べ物に多く含まれています。

不溶性食物繊維の過剰摂取はNG

この不溶性食物繊維ですが、便通が悪いからとせっせと摂りつづけていくことで余計便秘になってしまう方がいます。実は不溶性食物繊維が便の水分を吸収して、かたい便を作ってしまうことがあるのです。また、高齢者のように腸の動きが鈍くなってきている方は蠕動運動があまり活発にならず、かえって便が詰まってしまうことに繋がりかねません。

水溶性食物繊維を積極的に

二種類ある食物繊維ですが、食べ物の中に含まれている量は水溶性食物繊維のほうが比較的少ないことが分かっています。水溶性食物繊維を意識して摂るようにすれば、適切な量を取り入れることができるようです。また、水溶性の食物繊維なら摂りすぎても特に問題はなく、独特の粘りもあることから腸の中で便のすべりが良くなるといったメリットがあります。

上手に摂れば便秘に効く

このように食物繊維の取り入れ方によっては便秘が悪化することもありますが、量を調整すればどちらも健康に非常に役立つ成分なのです。
水溶性と不溶性、またはその両方を豊富に含む食材をきちんと知ることで、バランス良く摂取することが可能です。食べるときには水分も一緒に取り入れるようにし、効果的にお通じを改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ