ストレスをかけないで実践できるダイエット方法

スレンダーなボディを目指したい!とダイエットを始める方も多いでしょう。

しかし日頃の不摂生で蓄積されたツケは高い壁となって立ちはだかります。器具やサプリなどを費用をかけて購入しても効果が感じられなくてお金を無駄に使ってしまったと後悔したり、手っ取り早く食事を制限するとお腹が空いてイライラが募り反動でドカ食い…そんな経験はありませんか。

そこで私自身の経験から自分自身になるべくストレスをかけないで実践できるダイエット方法をご紹介します。

①発想の転換:ダイエットに挑むと思えば心身ともに構えてストレスになりますので、体調を整えると考えましょう。

病は気からならぬダイエットは気からですよ。次はいよいよ実践段階。話題の8時間ダイエットに少しアレンジを加えて取り組みましょう。1日24時間のうち食べ物を摂取するのは8時間に限定する方法で、その間は基本的に何を食べてもOKなのが嬉しいですよね。

残りの16時間は残念ながら食事はNGですが水分は摂れますので実践しやすいのがポイントです。

②すりおろしリンゴを食べる:固形のリンゴではなく必ずすりおろしてください。

食事の後に一口でいいので食べましょう。間食やおやつ代わりに食べると更に効果が増します。生のリンゴをすりおろして食べるのが一番効果的ですが、手間暇がかかるのがネック。

忙しい方には子ども用や年配向けに市販されている吸うタイプのパウチがありますよ。上手に使い分けてくださいね。リンゴが苦手な方は寒天でも大丈夫。その際は固形タイプではなくトロトロの流動形を選ぶのがポイントです。

リンゴも寒天も腸を洗浄してくれるデトックス効果がありますので、内臓の消化器官系を健康にしてくれるのです。便秘に悩んでいらっしゃる方も消化や排泄が改善されますので嬉しい効果ですよ。

③炭酸水を活用

食事制限の時間帯は水やお茶などの水分は摂れますが、空腹時は水分だけでは辛いですね。そこで、お腹が空きだす前に予め炭酸水を飲むことで空腹感を感じさせないようにするのです。

8時間の食事ができる時間を過ぎたら、すぐに炭酸水に切り替えるのがポイントです。この生活サイクルを1週間続けるだけでも驚くほどの効果が実感できますよ。費用もグッと抑えられますし、何より健康な体にもなれて一石二鳥ですよ。是非お試しくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ